トップページ - 辞典 - 用語辞典 - レベルE

エラル星人えらるせいじん
[2/種族、職業、集団]
ディスクン星人の仇敵。ディスクン星人と同じく野球好きで、一足早く高校野球の激戦区やプロ野球球団の本拠地を縄張りにした。本編では一度も登場していないが、ディスクン星人の仇敵というからには戦闘種族である可能性が高い。エラル星人とディスクン星人が混在しているのは宇宙広しといえど地球だけだという。
革命商社クイーンツかくめいしょうしゃくいーんつ
[16/種族、職業、集団]
特に思想はなく、金だけが目的の誘拐組織。火種を抱える星の要人をさらって政府や企業に金を要求し、交渉が成立すれば人質は無事に帰すが、相手が要求を断ったり抵抗したりした場合は残酷な方法で人質を殺害し、建前の犯行声明を発表する。地球の北海道でバカとルナを捕まえるが、潜伏場所に選んだ場所が不運にもサゾドマ虫の保護区だった。サゾドマ虫の生みの親であるバカの口八丁に騙され、最後は自滅した。
サゾドマ虫さぞどまむし
[16/種族、職業、集団]
無数の種類が混在する昆虫集団。蜂のような小さな虫から、巨大な蜘蛛のような虫まで様々な種類の虫がいるが、いずれもグロテスクな形態をしている。その見た目に反して毒は持っておらず、人に襲いかかることもない。ただし攻撃したり嫌がったりする人間を見ると喜んで集団で抱きつこうとする。優しく微笑めば近寄ってこない。バカがかつて作ろうとした人工生命体だが、バカは繁殖プログラムがうまく機能せず作成を断念している。しかし地球の北海道○×市にはこの虫の保護区が存在し、大量のサゾドマ虫が繁殖している。バカの娘カナが繁殖させた疑いが強い。
ツインテールマーメイドついんてーるまーめいど
[14/種族、職業、集団]
地表の93%が海で覆われている惑星ホルン原産の人魚。観賞用や装飾目的のため密猟者に乱獲され、ホルンの野生種は既に絶滅。自然下での寿命は100年だが、単独飼育での寿命は長くて4〜5年。ウォーキングフィッシュとも呼ばれ、陸上では尾ひれを足に変形させて移動することが可能。水に濡らせば人魚の形態に戻る。脳が発する超微音を聞き取ることで嘘を見破ることができる。騙そうとする敵が近づくと反射的に攻撃する。この習性は惑星ホルンに人魚の天敵フタマタモドキという魚がいた時のなごり。
ディスクン星人でぃすくんせいじん
[2/種族、職業、集団]
宇宙有数の戦闘種族。滅ぼした種族は100を軽く超える。生命に危険が及んだ時、反射的に仮死状態になれる。この「疑似死」はかつて彼らよりも強い生物がディスクン星にいたという証であり、忌まわしい過去の産物であるこの能力を使うことは恥だと考えられている。というのが学者の通説だったが、実際は失われつつある能力として、使い手は羨ましがられているのが現状。戦闘能力が高い者ほど忘れやすいという。個人の恥を種族全体の恥と考える傾向があり、恥をかかせた相手を全力で抹殺しようとする。好戦的な種族だが、地球にいる彼らは非常におとなしく、地球人に危害を加えることはない。種族そろって大の野球好きで、地球人を滅ぼすと野球が見られなくなってしまうためである。山形県を縄張りにしている。
マクバク族まくばくぞく
[10/種族、職業、集団]
種族全体が雌のみで構成されている放浪生物。種族は一体の女王を中心に構成されており、残りの雌は女王に絶対服従し、奉仕する。実際の雌は女王に対して友達のような話し方をしているが、女王を守り、補佐していることに変わりはない。交配期に入ると、女王は別種族の雄の中から特定の一体をムコに選び交配する。一度の交配で数千から数万の子供を産み、その全てが雌である。なお、女王は生涯に一度しか交配できない。交配後はムコの住む星で共に生活し、ムコの死亡と同時にその地を離れる。その後女王は子の中から新たな女王を選び、その教育係に就く。女王と交配したムコの種族は繁殖能力が失われ、数世代以内に必ず絶滅している。このことからマクバク族は「異種喰い」ともいわれる。繁殖能力が失われる理由は、女王が有するウィルスがオスを通じて爆発的に広まり、種族全体が感染するためとされている。女王は未知の病気を防ぐために天文学的数のウィルスを体内に宿しており、その中にオスの繁殖プログラムを破壊するウィルスがあると考えられている。体内のウィルスを利用すれば、どんな病も遺伝子レベルでの完全治癒が可能だという。種族全体が宇宙連合の加盟国として承認されている。加盟承認の際には、交配の危険性から生物学界から異議が唱えられていたが、体内免疫システムの価値に押し切られた形で承認が決定。一つ前の世代は蜂のような形態であったが、先代女王がヒト型の生物と交配したため、現世代はヒト型である。現女王のサキもまたヒト型の地球人をムコに選んだ。次の世代はより地球人に近い形態になると考えられる。
スカイボードすかいぼーど
[9/アイテム]
バカが作ったRPGに登場するアイテムの一つ。空を飛べるボード。ルチ将軍のベッドの下を調べると手に入るアイテムで、入手条件はルチ将軍と結婚すること。条件から考えるとイイダチ城のアパレル姫しか入手できないと思われる。
バイオリングばいおりんぐ
[15/アイテム]
ドグラ王家御用達の結婚指輪。一度はめると肉の一部となり生涯外せない。ドグラ王家の結婚の儀はドグラ王子と王妃候補(通常はマグラ王女)がこの指輪を装着することによって成立する。宇宙に一つしかない非常に神聖な指輪。
ブレインガードぶれいんがーど
[14/アイテム]
脳から発する微小音を操作し、ツインテールマーメイドに嘘を嘘と見抜かれないようにする装置。
岡山上等高校おかやまじょうとうこうこう
[12/地域施設(学校)]
第68回(1996年)センバツ高校野球大会で優勝したと思われる高校。
如月高校きさらぎこうこう
[1/地域施設(学校)]
雪隆や美歩が通う高校。正式名称は私立如月高等学校。運動部は力が入っていて、冬対策として室内練習場やトレーニング器具が充実している。野球部の実力は高く、94年は一年生中心のチームで地区大会準優勝。96年では地区大会で優勝し、甲子園出場を果たしている。
湘南女子校こなんじょしこう
[12/地域施設(学校)]
如月高校の近くにある女子校。地元ではナンジョと呼ばれている。高校野球の地区大会決勝戦で如月高校を応援した。
新日東大山形中央南商工しんにっとうだいやまがたちゅうおうみなみしょうこう
[12/地域施設(学校)]
如月高校と野球の地区大会決勝で対戦した高校。如月高校に負け、甲子園出場を逃す。
湖南研究所こなんけんきゅうじょ
[1/地域施設(その他)]
湖南町にある、 江戸川博士が所属する研究所。地上部分は一般人でも自由に出入りできるが、地下の施設は専用カードを持つ限られた者しか入れない。
湖南市民球場こなんしみんきゅうじょう
[12/地域施設(その他)]
湖南町にある球場。室内練習場にある注意書きは消火の「火」のところだけシールで修正されている。また隅っこには壊れかけたうす緑の洗濯機がある。
湖南署こなんしょ
[1/地域施設(その他)]
湖南町の警察署。
聖者のほこらせいじゃのほこら
[8/地域施設(その他)]
バカが作ったRPGに登場する施設。イイダチ城から東の山中にある聖なるほこら。魔物はこのほこらに入れない。
霜森公園不明
[11/地域施設(その他)]
マクバク族王女サキが幹久今日子と待ち合わせた場所。
松尾産業まつおさんぎょう
[14/地域施設(その他)]
清水良樹の父親が務める会社。ツートップのうちの一人がツインテールマーメイドに殺害された。
松川商業まつかわしょうぎょう
[13/地域施設(学校)]
第78回夏の甲子園の愛媛代表校。優勝候補の一角。95年の遠征試合で如月高校に圧勝。如月高校の2,3年は96年の甲子園大会でその雪辱を晴らそうと考えていたが、実際に対戦できたかどうかは不明である。ちなみに現実の大会では、山形代表校は一回戦で初出場の徳島県代表校に敗れている。
松坂屋まつざかや
[2/地域施設(その他)]
中京圏を拠点とした百貨店。バカ王子は湖南町周辺の松坂屋でショッピングを満喫。山形県山形市七日町に実在していたが、2000年に閉店となったらしい。
イイダチ城いいだちじょう
[8/地域施設(地名)]
バカが作ったRPGに登場する城。ハマジリから南に2km行ったところにある。この城のアパレル姫は星で一番美しいといわれている。(実際はバカが演じているのだが)
湖南町4丁目6番地こなんちょうよんちょうめろくばんち
[2/地域施設(地名)]
ディスクン星人の長坂本尽八が暮らす家の住所。
ハマジリはまじり
[8/地域施設(地名)]
バカが作ったRPGに登場する町。町の名前は「はじまり」のもじりで、冒険者が最初に立ち寄ることになる町。冒険者はここで等身大のRPGが如何に不気味なものかを思い知らされることになる。
北海道ほっかいどう
[16/地域施設(地名)]
地球の日本列島最北端に位置する巨大な島。○×市にはサゾドマ虫の環境保護区があり、一般人の立ち入りが禁止されている。現実世界と違い、レベルEの北海道は違う惑星のような異様な景色が広がっている。
骨尾山ほねおさん
[15/地域施設(地名)]
バカとルナが待ち合わせた場所。
山形県やまがたけん
[2/地域施設(地名)]
雪隆やバカ王子らが住む県。ディスクン星人のナワバリ。レベルEの舞台が山形県なのは、作者の冨樫先生が山形出身だからであると思われる。
衛星マグラえいせいまぐら
[15/地域施設(星)]
ドグラ星の衛星。ドグラ星とマグラ星は古くから支配従属の関係にあり、今なお古い因習が数多く残っている。その代表的なものにドグラ、マグラ両王家の結婚がある。ドグラ星の王子と衛星マグラの王女は生まれる前から結婚することが決まっている。ドグラ星からの独立を望むマグラ星人は多く、無血革命を掲げるマグラ自由同盟という組織も存在する。
カルバリ星かるばりせい
[7/地域施設(星)]
地球から5億光年離れた遊戯専用惑星。バカ王子が改造RPGツクールを使い、この惑星全体をカラーレンジャー用のゲーム舞台にした。バカ王子が魔王にゲーム目的をインプットし忘れていたため、カラーレンジャーはイベントを一つもクリアすることもなく魔王と和解。しかしその後、アパレル姫を演じていたバカ王子が大魔王となり星を支配。カラーレンジャーは再びゲームに挑戦する羽目になった。地球までは銀河ワームホール航路で約3時間(時速約1.6億光年)、一般航路だと116億年ほどかかる。(時速約4600万km)
コンウェル星こんうぇるせい
[5/地域施設(星)]
男が女を食べて子どもを産むという、特殊な繁殖の仕方をする人々が暮らす星。バカ王子が地球人向けに描いた漫画に登場。コンウェル星人は月に2〜3日異性を食べたくなる。異星人を食べたくなることもあるが、同じコンウェル星人の女でなければ子供はできない。代わりのものを食べても頭のどこかでは飢えており、彼らはそれを「見えない胃袋」と呼んでいる。その「見えない胃袋」を満たす薬が存在するが、自然に反するとして仲間同士の争いが絶えなかった。やがては大規模な戦争が起こり、コンウェル星は爆発。実在する宇宙人だが、漫画はあくまでバカ王子の創作であり、どこまで事実なのかは定かではない。
地球ちきゅう
[1/地域施設(星)]
太陽系に属する開発途上惑星。レベルEの主な舞台。ヒト型の知的生命体、地球人が主に暮らしている。地球人は気付いていないが、数百種類の異星人が行き交い生活している。地球人は非常に繁殖力旺盛で、年中発情し交尾可能。男女ともに一生の間で複数の異性と関係を持つのが一般的。サドによれば近いうちに宇宙で有数の優秀な生物に進化する可能性があるという。しかし地球人の現状の科学力では火星に立つことすらできない。
惑星ドグラわくせいどぐら
[15/地域施設(星)]
バカ王子やクラフトらの故郷。作中では一度も登場していない。バカ王子らを見る限り、ドグラ星人の見た目は地球人とほとんど変わらない。ドグラ星から宇宙会議の開催場所までは宇宙船で二週間ほどかかる。(まっすぐそこを目指していたとは限らないが)
惑星ホルンわくせいほるん
[14/地域施設(星)]
かつてツインテールマーメイドが生息していた惑星。地表の93%が海で覆われている。
オーパおーぱ
[16/用語]
宇宙の通貨単位。1オーパ約6600万円。クイーンツはバカ王子に身代金として60万オーパ(約40兆円)を要求。星の要人の身代金だから恐らく相当高いのだろうが、暗黒武術会の収益金の1/200と考えるとものっすごい少ない気がする。垂金も払える。
トロンとろん
[16/用語]
宇宙の時間の単位。1トロンは地球時間で約3時間。プロ野球の試合は1トロンよりも長いことが多い。1トロンくらいが丁度いいんじゃないかと個人的には思う。この項目と全然関係ないが。
ミッシングハンターみっしんぐはんたー
[1/用語]
湖南研究所お抱えの特別捜査チーム。取材や研究資料集めが目的の集団だが、研究費稼ぎに行っていた失踪者探しが今では活動の中心になっている。全国に会員制の密告屋ネットワークを敷いており、短時間で目的のものを見つけ出す。
密着型IIタイプみっちゃくがたつーたいぷ
[4/用語]
地球人の一員として入りこみ、人類に微小の害を与える種類の地球外生物。夢野九四郎による分類。

トップページに戻る

inserted by FC2 system