トップページ - 解説 - グリードアイランド - アイテムについて - 呪文カード
(最終更新日:2006.03.22)


グリードアイランドの呪文カードについての解説です。

[アイテムについて]
   [指定ポケットカード]
  →[呪文カード]
      [呪文使用時のメッセージ集他]
   [その他のカード(アイテム、キャラクター、モンスター)]
[ワールドガイド]
[プレイヤー一覧]

[呪文カード一覧][呪文の分類図][呪文カードについて][呪文の防ぎ方][堅牢は増やせるのか?]

呪文カード一覧 全40種

表の種類の見方

 [攻]→攻撃呪文。
 [防]→防御呪文。「何を防ぐか」と併せて記載。
 [対攻]→対攻撃呪文用。攻撃に対して効果がある呪文。
 [対視]→相手に情報を視られるような呪文(透視、盗視)を防ぐための呪文。なお、「念視」を防ぐ呪文カードは存在しないようだ。
 [対通]→対近距離通常呪文用。遠距離通常呪文に対する効果はないので注意。

 [通]→通常呪文。
 [特]→特殊呪文。

 [継]→効果が継続する呪文。

※実際にカードに表示されてるものとは異なります

No.難度枚数 名前効果種類
1001G200盗視スティール対象プレイヤーのフリーポケットの中身を見る(ゲーム内で出会ったことのあるプレイヤーに限る)[遠][通]
1002F150透視フルラスコピー対象プレイヤーの指定ポケットの中身を見る(ゲーム内で出会ったことのあるプレイヤーに限る)[遠][通]
1003G400防壁ディフェンシブウォール他プレイヤーからの攻撃呪文を一度だけ防ぐ[防][対攻]
1004E120反射リフレクション他プレイヤーからの攻撃呪文を跳ね返し効果を相手プレイヤーに返す[防][対攻]
1005C50磁力マグネティックフォース指定した他プレイヤーのいる場所へ飛ぶ(ゲーム内で出会ったことのあるプレイヤーに限る)[遠][通]
1006F170掏摸ピックポケット他プレイヤーのフリーポケットのカードをランダムに一枚奪う[近][攻]
1007C50窃盗シーフ他プレイヤーの指定ポケットのカードをランダムに一枚奪う[近][攻]
1008E100交換トレード他プレイヤーのカードと自分のカードを一枚ずつランダムに入れ換える[近][攻]
1009G380再来リターン指定した街へ飛ぶ(行ったことがある街に限る)[遠][通]
1010A20擬態トランスフォーム持ちカードを別の持ちカードに変身させる(変身後のアイテムの限度枚数がMAXだった場合は変化せず、擬態は破壊される)[近][通]
1011D70複製クローン対象プレイヤーの指定ポケットカードからランダムに選ばれたカードに変身する(指定ポケットにカードがない場合と、変身後のアイテムの限度枚数がMAXだった場合は変化せず、複製は破壊される)[近][通]
1012F140左遷レルゲイト対象プレイヤーを島のどこかへ飛ばす[近][通]
1013D65初心デパーチャー対象プレイヤーをスタート地点へ飛ばす[近][通]
1014B30離脱リーブ対象プレイヤーを島の外へ飛ばす。[近][通]
1015D70念視サイトビジョン対象プレイヤーのカードデータを全て見る[遠][通]
1016F200漂流ドリフト行ったことのない街へ飛ぶ(全ての街へ行ったことがある場合はその場から動かず、漂流は破壊される)[近][通]
1017F200衝突コリジョン会ったことのないプレイヤーのいる場所へ飛ぶ(会ったことのないプレイヤーがゲーム内にいない場合はその場から動かず、衝突は破壊される)[近][通]
1018B25徴収レヴィ周囲(半径20m)のプレイヤー全員から一枚ずつランダムにカードを奪う[近][特]
1019F200城門キャッスルゲート他プレイヤーからの近距離通常呪文を一度だけ防ぐ[防][対近通]
1020C40贋作フェイク「贋作」をNo.001から099までのカードのいずれかに変身させる。変身後のカードは指定ポケットに入れることはできるが、コンプリートの対象にはならず、アイテム化もできない。限度枚数にもカウントされない。[近][通]
1021B30強奪ロブ他プレイヤーのカードを指定して奪う[近][攻]
1022C40堕落コラプション他プレイヤーのランクB以上のカードを選んでランクD以下の好きな番号のカードに変身させる。(対象プレイヤーがBランク以上のカードを所持していない場合と、変身後のアイテムの限度枚数がMAXだった場合は変化せず、妥協は破壊される。)指定ポケット内のカードが変身した場合、そのカードは破壊される。[近][攻]
1023B25妥協コンプロマイズ他プレイヤーのランクA以上のカードを選んで破壊する。破壊されたプレイヤーはそのカードの3ランク下の好きな番号のカードをもらえる。対象プレイヤーにAランク以上のカードがない場合「妥協」は再びカード化する。対象プレイヤーが指定した3ランク下のカードの限度化枚数がMAXだった場合、カードはもらえない。[近][攻]
1024D80看破ペネトレイト対象プレイヤーの「贋作」「複製」「擬態」で変化したカードを全て元に戻す。その結果、指定ポケットに入っている番号違いのカードは全て破壊される。「看破」は「贋作」「複製」「擬態」の対象にならない。(とあるが、贋作は呪文カード自体が変身する呪文であるし、複製も指定ポケットのみが対象である。看破がどうというより、呪文自体が贋作や複製の対象ではない。)[近][通]
1025F200暗幕ブラックアウトカーテン他プレイヤーからの「盗視」「透視」を一回防ぐ(効果が継続中にもう1枚「暗幕」を使用しても効果は2回分にはならない)[防][継][対盗視、透視]
1026A20聖水ホーリーウォーター他プレイヤーからの攻撃呪文を10回防ぐ。このカードは呪文による奪取や破壊の対象にならない。(効果が継続中にもう1枚「聖水」を使用しても防御回数は増えない)[防][継][対攻]
1027E90追跡トレース対象プレイヤーの現在位置を常に確認できる。(対象プレイヤーがゲーム外へ出るまで効果は継続)[近][攻]
1028E100投石ストーンスロー他プレイヤーのフリーポケットのカードをランダムに破壊する(対象プレイヤーのフリーポケットにカードがなかった場合「投石」は破壊される)[近][攻]
1029B25凶弾ショット他プレイヤーの指定ポケットのカードをランダムに破壊する(対象プレイヤーの指定ポケットにカードがなかった場合「凶弾」は破壊される)[近][攻]
1030E120道標ガイドポスト指定した番号のアイテムがある場所を知ることができる(No.000を除く)[遠][通]
1031G400解析アナリシス指定した番号のカードの説明を見ることができる(No.000を除く)[遠][通]
1032G350宝籤ロトリーランダムに何かのアイテムカードに変身する(確率は低いが指定カードにも変身する)[近][通]
1033C50密着アドヒージョン対象プレイヤーの指定ポケットを常に確認できる。(対象プレイヤーがゲーム外へ出るまで効果は継続)[近][攻]
1034D55浄化ピュリファイ攻撃呪文による変身を無効化し元に戻す(元に戻したカードが限度枚数MAXだった場合アイテムとして戻り、その後カード化はできない。呪文カードが限度枚数MAXでアイテムとして戻った場合、その呪文が使える状況になければ破壊される)[近][通]
1035S10堅牢プリズン指定したページのカードはポケットに入っている限り永続的に呪文による奪取・破壊の対象にならない(指定ページは1〜11に限られる。フリーポケットは選べない)[防][継][対攻]
1036S10神眼ゴッドアイNo.001〜No.099までの全てのカードについて「解析」、「名簿」をいつでも何回も使える(使用したプレイヤーがゲーム外に出るまで効果は継続する)[遠][継]
1037F170再生リサイクルカードでなくなったアイテムをカード化する(ランクC以下に限る。対象アイテムのカード化限度枚数がMAXだった場合、再カード化は出来ず「再生」は破壊される)[近][通]
1038G350名簿リスト対象アイテムのカードを所有している人数とカードの合計枚数を知ることができる[遠][通]
1039F130同行アカンパニー周囲(半径20m)のプレイヤーと共に指定した街またはプレイヤーのところへ飛ぶ[近][通]
1040F200交信コンタクト他プレイヤーとバインダーを通じて最大3分間会話することができる(ゲーム内で出会ったことのあるプレイヤーに限る。途中で交信を切ることができるのは「交流」を使用したプレイヤー側からのみ)[遠][通]
-003--排除<エリミネイト>ゲームマスターしか使えない特別な呪文。GIに不当な方法で侵入した者全てをアイジエン大陸のどこかへ飛ばす。飛ばされる位置は完全なランダムで、5人が飛ばされた場合それぞれ違う場所に飛ばされる。[遠][特]

呪文の分類図

 呪文を用途、効果範囲別に分類した。推測含む。「漂流」「衝突」「浄化」はカードの説明文に「対象プレイヤーを(の)」という文がないので、自分にしかかけられないと思われる。しかし、その場合「漂流」「衝突」が近距離呪文である必要がない。「磁力」「再来」同様遠距離通常呪文で良かったのではないだろうか。

呪文カードについて

 呪文(スペルカードはグリードアイランドをプレイするには必要不可欠のものである。呪文には攻撃型、防御型、移動型、調査型など様々な効果を持つものがあり、全部で40種、計5135枚存在している。攻撃といっても人を負傷させるようなものは皆無だ。

入手方法

 呪文カードは魔法都市マサドラにある呪文ショップで、一袋三枚10000ジェニーで販売されている。袋の中身はわからないので、欲しいカードが手に入るとは限らない。当然レアカードを手に入れられる可能性は低い。呪文ショップは連日行列ができていて、徹夜で並ばないと買えないことが多い。またマサドラまではモンスターが出現するため、並のプレイヤーではたどり着くのでさえ命懸けである。

使用方法

 呪文カードはカードをバインダーから出し、手に持って「(呪文の名前)オン」と唱えることで発動する。特定プレイヤーに対して攻撃する呪文の場合は「○○オン!(プレイヤー名)を攻撃!」、移動呪文の場合は「○○オン!(行き先)!」などと対象プレイヤーや目的地を指定する必要がある。自分にも他人にもかけられる呪文の場合、自分にかける時は「○○オン」で留めておき、他人にかける場合はプレイヤー名を指定する。一体何秒プレイヤー名を言わなければ自分に対して呪文が発動するのだろうか。

 バインダーにカードをはめて使うという方法もある。この方法だと他プレイヤーに呪文を使うということを悟られにくい。またキャンセルが可能な場合もあり、カードを失わずに自分が遭遇したプレイヤーのリストを確認することもできる。詠唱と違って時間がかかるのが難点か。

呪文の効果範囲

 呪文には近距離と遠距離の二つの種類がある。近距離呪文は使用者を中心に半径20m以内に効果が及び、遠距離呪文は島の中全てに有効。自分を中心とする半径20m以内に他のプレイヤーが入ると、例えお互いに気付いていなくてもプレイヤーはシステム上遭遇したと見なされる。この時点でバインダーの遭遇リストに記録され、攻撃呪文などをかけることが可能になる。

攻撃判定

 攻撃呪文を使うと光の塊が対象プレイヤーに飛んでいき、呪文の効果を及ぼす。これを防ぐためには防御呪文を使わなければならないわけだが、防御呪文を使うにはバインダーを予め開いておかなければならない。防御呪文を持っていて、且つバインダーを開いている状態で攻撃呪文を受けると、最大15秒間攻撃呪文の効果は待機状態となる。その間に防御呪文を使うかどうかを決めなくてはならない。攻撃呪文の他にも他プレイヤーに仕掛ける呪文があり、それを防ぐ呪文も存在する。また「堅牢」「聖水」などは「継続呪文」といい、バインダーを開いていなくても呪文から身を守ってくれる。

変身カード

 呪文の中にはカードを変身させる呪文がある。使った呪文カードが別のカードに変身する呪文もあれば、対象プレイヤーの持ちカードを変身させる呪文もある。「複製」「擬態」などはカードそのものが別のカードに変わり、ゲインを唱えればアイテムとして使うことができる。指定ポケットカードならコンプリート対象にもなる。限度枚数とも関係があり、変身させようとしたカードの限度枚数がMAXになっていた場合は変身せず、呪文カードが破壊される。逆に「贋作」という呪文は見かけを変えるだけなので、限度枚数に関わらず変身が可能。しかしコンプリート対象にはならないし、アイテム化も出来ない。(指定ポケットには入れることができる。)

 「宝籤ロトリー」以外の呪文で変身させたカードは、呪文の「浄化」や「看破」、「聖騎士の首飾り」といった指定アイテムで元の姿に戻すことができる。指定ポケットは番号違いのアイテムを消滅させるため、指定ポケット内のカードに変身呪文を使ったり、変身を解く呪文を使ったりするとそのカードは消滅してしまう。

移動カード

 移動型の呪文は指定したプレイヤーや街などに瞬時に飛ぶ事ができる。現実とゲーム内を行き来する場合は瞬間的に移動するようだが、呪文カードの場合は念の力で空を飛んで移動する。遠い場所だと移動にやや時間がかかり、飛んでいるところを島にいるプレイヤーに見られ、どの方角に向かっているかが知られてしまう場合がある。

 行き先を街に指定した場合、常に街の入り口に飛ぶため、待ち伏せされる恐れがある。プレイヤーへ飛ぶ場合は、呪文を使用した時点に指定プレイヤーが居た場所に飛んでいくと思われる。例えば移動中に指定したプレイヤーが「離脱」でゲーム外に出た場合、そのプレイヤーが出る寸前にいた場所に着地するのだろう。着地地点は対象プレイヤーと20m前後離れている。

 呪文で移動中のプレイヤーを指定した場合はどうなのだろうか。相手が指定している場所に飛ぶとすると、先回りしてしまう可能性がある。しかし相手を追うのだとすると、例えばAプレイヤーがBプレイヤーを、BプレイヤーをAプレイヤーが指定すると空中で衝突してしまわないか。Aプレイヤーに移動するBプレイヤーをCプレイヤーが追い、AプレイヤーがCプレイヤーを指定すると空中で三者が永遠に回転する恐れはないだろうか。ねーよ。

その他

 対象がなかったカードは破壊される場合が多い。例えば「漂流」は行ったことのない街にランダムに飛ぶ、というものだが、全ての街へ行っている場合は使うとカードが破壊されてしまう。また他プレイヤーからカードを奪う呪文でも、相手がカードを持っていない場合は呪文カードが消滅するだけである。「贋作」以外の変身呪文は変身後の限度枚数がMAXだった場合、変身に失敗する上カードも失われる。

呪文の防ぎ方

 呪文は防御呪文を使わなければ防ぐことはできない。しかし簡単なテクニックで相手の攻撃呪文を無効にしてしまう方法がいくつかある。

シャッフルガード法

 指定ポケットカードをフリーポケットに入れたり、仲間同士でカードを入れ換えてカード情報を混乱させる。指定ポケットからランダムにカードを奪う呪文「窃盗」に対して効果がある。ただ「念視」「盗視」などで事前にバインダーの中身を知られているとどうしようもない。1分ごとにカードを入れ換える、なんてことをやれば多少なり回避する確率が上がるかも知れないが…

フルポケットガード法

 フリーポケットをあえてクズカードで一杯にすることで、ランダムにカードを奪う呪文で貴重なカードが奪われる確率を低くするテクニック。

詠唱阻止

 攻撃呪文を使うには対象プレイヤーの半径20m以内に近づき、カードを取り出して「(呪文の名前)オン。○○を攻撃。」と詠唱するか、バインダーにカードをはめこんでバインダー上の操作で使用するという二つの方法がある。詠唱する場合、呪文カードを取り出して詠唱するまでの短い時間に、相手のカードを奪ってしまえば呪文が発動することはない。ただしこの方法は相手との実力差がかなり大きくないと難しく、カードをはめこんで呪文を使用された場合は手の打ちようがない。尤も手段を選ばないで、不審な動きをしている近くのプレイヤー全てを攻撃していけばその限りではないが。そこまでいくとただのプレイヤー狩りである。

堅牢は増やせるのか?

 「複製」は指定ポケットカードをコピー、厳密に言うと指定カードに変身するカードである。指定アイテム以外のカードはコピーできない。しかし「堅牢」などの貴重な呪文カードやフリーポケットカードが、「擬態」と「複製」で増やせることが16巻「共同戦線」(No.154)で明らかになった。具体的な方法は作中で明らかにされなかったが、以下の考え方がある。

 まず増やしたいフリーポケットカード、「堅牢」などを用意する。そのカードを「擬態」で指定ポケットカードに変身させる(堅牢→指定カード)。これでこのカードは「複製」で増やすことができる。そして増やしたカードに「看破」を使えば、もしかしたら「堅牢」に戻るのかも知れない、というのがその考え方だ。しかし増やしたカードは元々「複製」であり、「看破」を使えば「複製」にまで戻ると考えるのが普通だ。この方法が使えることになると、聖騎士の首飾りも一段階ずつしか変身を解けないことになってしまう。かなり苦しい説である。


トップページに戻る

inserted by FC2 system