トップページ - 解説 - グリードアイランド - ワールドガイド
(最終更新日:2006.03.20)

 島の地図や各街にある施設、イベントなどの紹介。

[アイテムについて]
   [指定ポケットカード]
   [呪文カード]
      [呪文使用時のメッセージ集他]
   [その他のカード(アイテム、キャラクター、モンスター)]
→[ワールドガイド]
[プレイヤー一覧]

[基本事項][ワールドガイド]

基本事項

ゲーム内の時間

 グリードアイランド内は現実世界と同じ時間が流れている。ヨークシンのターセトル駅から列車で数時間かかる、バッテラの古城とはかなりの時差があるらしく、古城が夜の時はGI内では朝か昼である。

ゲーム内での買い物

 グリードアイランドでも現実世界と同様、国際通貨「J(ジェニー)」による買い物ができる。しかしグリードアイランド島内ではカードの状態でなければ使えない。現実世界から大量にお金を持ち込んでもゲームでは使えないのだ。カードの状態のお金を手に入れるには、手に入れたアイテムカードをトレードショップで売却しなければならない。アイテムカードの中にはモンスターカードも存在し、一般的なRPGのようにモンスターを倒してお金を稼ぐことができる。

 通常のゲームと違うのは、お金のカード一枚がアイテム一個として数えられるため、あまり多くのお金を持てない点である。プレイヤー一人のフリーポケットに入るカードは45枚。全て1万ジェニー紙幣でも、最大で45万ジェニーしか持てないということになる。持ちきれないお金はトレードショップに貯金することもできるが、入金した店でしか引き出せない。

交換ショップの特徴

 各都市に存在する「交換(トレード)ショップ」という施設では、自分が所持するカードを売却することができる。そのほか、街や呪文、他プレイヤーの所持カードなどありとあらゆる情報を購入できる、ゲームの攻略に欠かせない施設である。

カードの売却

 不要なカード、倒したモンスターのカードなどは全て売却することができる。売却した金はそのまま預金することも可能だが、預金した店でしか引き出せない。

情報の購入

 情報の種類は街の場所や行き方、呪文の効果など様々。指定ポケットカードの情報も買えるが、ランクA以下に限る。情報料は街への行き方は3000Jで、それ以外は不明。指定ポケットカードの所持ランキングも聞くことができる。知ることができるのは個人の所有種類数のみだが、別途料金を払えば所有しているカードの番号まで教えてくれる。ちなみにランキングで新しいプレイヤーの名前がわかっても、遭遇リストには追加されない。従ってそのプレイヤーに対して「交信」「透視」などの呪文を使うことはできない。

指定ポケットカードの購入

 同じトレードショップを50回以上利用(買い物)すると、ランクB以下の指定ポケットカードを購入できるようになる。

ワールドガイド

 登場順に並べてあります。

マップ
  • 入口(ジョイステーション)
  • シソの木
  • 最初の草原
  • 懸賞都市アントキバ
  • ルビキュータ
  • 山賊の村
  • 岩石地帯
  • 魔法都市マサドラ
  • マサドラ西の森林地帯
  • ブンゼン
  • 大木のある森
  • 屋敷
  • ギャンブル都市ドリアス
  • ソウフラビ
  • 恋愛都市アイアイ
  • リーメイロ
  • その他のイベント

    入口(ジョイステーション)

     世界各地に100本しか存在しないゲームソフト「グリードアイランド」のCDがグリードアイランドへの唯一の入口である。ジョイステーションにCDを入れた状態で「練(発)」をすることで、ゲームの世界へ入ることができる。

    シソの木

     ゲームの世界へ入ると、初心者もセーブしていたプレイヤーも、まずシソの木内部に飛ばされる。

    イベント  ゲームの説明、名前の変更
    入手アイテム  指輪(バインダー)
    キャラクター  ナビゲーター(イータ)

    イベント

    ゲームの説明

     飛ばされた部屋の先にはプレイヤーを案内するナビゲーター(イータ)が待ち受けている。セーブデータのないプレイヤーはここで名前を聞かれ、バインダーを出すために必要な指輪を受け取る。その後ゲームの目的、カード化のシステムなどを聞くことができる。説明を聞けるのは一人ずつ。先に入ったプレイヤーがナビゲーターの部屋にいる限り、最初の部屋で待たされることになる。ナビゲーターがいる部屋の階段を降りると、そこには広大な草原が続いている。ちなみにシステム説明はゲームを再開したプレイヤーも聞ける。

    名前の変更

     GIでは何らかの方法で登録した名前を変更することができる。その方法は不明だが、ゲームを一旦出てデータをロードすると、ナビゲーターは必ず「おお。あなたはもしや○○○様では?」と尋ねてくるので、その時に「違います、△△△です」と言えば変更できるのかも知れない。

    最初の草原

     見渡す限りの広大な草原。始めて来たプレイヤーは、ここから進む方角を決めて最初の街を目指すことになる。北南どちらに歩いても同じくらいの距離に街は存在している。

     このエリアではモンスターが出現したり、イベントが起こったりはしないようだが、様々な理由でこのエリアを多数のプレイヤーが監視している。街に向かう途中、監視していたプレイヤーに調査型の呪文を仕掛けられる可能性が高い。呪文は呪文カードでしか防げない。ゲームを始めたばかりのプレイヤーが呪文から身を守る術はないのだ。

    懸賞都市 アントキバ

     草原地帯を北に進んだところにある都市。ゴン、キルアや選考会で合格したプレイヤーの多くが最初にこの街を訪れた。懸賞で成り立っている都市で、提示してある条件や課題、依頼をクリアすると報酬がもらえる。懸賞にはいなくなった犬を見つけるといったものから、大食いで高価な食品をゲットするといった変わったものまで実に様々。指定ポケットカードは何種か入手できるが、一年に一度しか入手の機会がないため入手するのは困難である。


    イベント  月例大会、大食い、アルバイト
    入手アイテム  ガルガイダー、呪われた幸運の女神像、誰かの色紙、アンティーク時計、招かず猫
     (指)真実の剣、聖騎士の首飾り
    各種施設  トレードショップ、カードショップ、レストラン
    キャラクター  レストランのオッチャン、トレードショップ定員など

    イベント

    [月例大会]:大会会場

     アントキバでは毎月15日に月例大会が開かれており、優勝すると貴重なアイテムがもらえる。奇数の月の賞品は指定ポケットカード。月例大会にはプレイヤーの他に、ゲームのキャラクターも大量に参加するのでかなり競争率が高い。9月のジャンケン大会では1000人以上も集まる。一方で10人以下しか集まらない月もあるようだ。プレイヤーの中には大会には参加せず、優勝したプレイヤーからカードを奪おうとする者も多い。呪文もなく大会に挑戦するのは無謀である。優勝しても即カードを奪われるからだ。

    内容 賞品
    1月 二人綱引き 聖騎士の首飾り
    9月 ジャンケン大会 真実の剣

    [大食い]:レストラン

     巨大パスタを30分以内に全て食べきると、パスタ代はタダになり、さらにガルガイダーをもらえる。ガルガイダーはランクこそ低いが、一枚3万Jという高額で売却できる。

    [アルバイト]:レストラン

     レストランで代金などを支払えなかった場合、皿洗いなどをして返すことになる。時給は子供二人で510J。代金を支払わないと警察に連絡されるが、ゲーム内で逮捕されるのかどうかは謎である。

    各種施設

    トレードショップ カードを売却したり、情報を購入する施設。

    品目 説明 値段 備考
    マサドラの情報 マサドラの場所と向かう時の注意点 3,000J  

    カードショップ 地図など様々なカードが売られていると思われる店だが、作品内に施設名は出てこない。

    品目 説明 値段 備考
    島の地図 最初は空白だが、冒険を進めるにつれて中身が埋まる魔法の地図 20,000J  
    島の地図 最初から全ての情報が網羅された地図 650,000J  

    レストラン

    品目 説明 値段 備考
    アイスソーダ 飲み物。 340J  
    巨大パスタ 巨大なパスタ。 30分以内に食べきればタダ
    ガルガイダー(1217) 巨大なパスタを30分以内に食べると、パスタがタダになる上、このアイテムをもらえる。30,000J(売値)

    ルビキュータ

     草原地帯を南に進んだところにある都市。シャルナークらが最初に訪れた都市である。

    山賊の村

     アントキバ北部の山林地帯にある、山賊達が住んでいる村。村人は山賊ということになってはいるが、村人全員が島の風土病にかかっているので、山賊としてプレイヤーと戦うことはなさそうだ。山賊達はプレイヤーの情に訴えて、薬代や衣服を根こそぎもらおうとする。言われた通りにすれば後々指定ポケットカードを入手できる。ちなみに風土病というのは設定上のことで、プレイヤーに病気が伝染することはない。


    イベント  薬代援助、治療
    入手アイテム  (指)奇運アレキサンドライト
    キャラクター  元気な村人、病気の村人

    イベント

    [薬代援助]

     山林地帯を通ると突然山賊の集団が現れ、病気の村人を救ってくれと助けを求めてくる。この求めに応じると村に案内され、まず薬代としてプレイヤーが持つ有り金全てを要求してくる。金を全て渡すと、今度は色々な理由をつけて普通のアイテムカードも要求し、その要求はプレイヤーがアイテムを全て失うまで続く。カードだけでなく、衣服を要求してくることも。これらの要求に全て答えても、この時点では村人から情報やアイテムなどは一切もらえない。重要なアイテムをもらうためには、後にもう一度この村を訪れる必要がある。

    [治療]

     カードの呪いを解く「聖騎士の首飾り」を装備していると、村人達の病気を完全に治すことができる。病気を治すには村人達がカードの状態にならなければならない。村人達をカードにするには、事前に薬代や衣服を援助して(所持カードを全て渡して)、村人達の信用を得ていなければならない。「聖騎士の首飾り」を装備したプレイヤーがカード「病気の村人」に触れると、そのカードが「元気な村人」となり、村人全員を治すとお礼として指定ポケットカード「奇運アレキサンドライト」をもらえる。ただし1パーティーにつき1枚しかもらえない。

    岩石地帯

     アントキバから北の山を越えた先は、モンスターが多数生息する岩石地帯になっている。様々なモンスターが出現するが、ランクの低いモンスターが多く、モンスターに慣れる為の訓練の場としては最適だろう。プレイヤーを殺そうとする危険なモンスターが少ないので、モタリケなどの低い実力のプレイヤーでもなんとか通過できるようだ。ここからマサドラまでは約70km。途中に休憩できる小さな村が二つあるが、一つはキャンプ場のような場所、一つは無人の村で、イベントなどはなさそうだ。

    各種施設  キャンプ、無人の村
    モンスター  一つ目巨人、バブルホース、マリモッチ、メラニントカゲ、リモコンラット、変な虫(仮)、目クラゲ(仮)、ハエ(仮)、スライム(仮)

    魔法都市 マサドラ

     不思議な外観の都市。グリードアイランド内で唯一スペルカードを入手できる場所で、あらゆるプレイヤーが頻繁に訪れている。スペルカードショップは大抵行列で、徹夜しないと買えない事もある。


    イベント  大天使の息吹
    入手アイテム  (指)大天使の息吹、スペルカード、引き換え券、シャベル、トロッコ、懐中電灯、ロープ
    各種施設  スペルカードショップ、トレードショップ、デパート
    キャラクター  トレードショップ定員、スペルカードショップ定員

    イベント

    [大天使の息吹]

     スペルカード全40種を集めるとSS指定カード「大天使の息吹」と交換してもらえる。スペルカードショップなどで交換してもらえると思われる。「大天使の息吹」のカード化限度枚数がMAXだった場合は、フリーポケットカード「引き換え券」をもらえる。「引き換え券」は「大天使の息吹」のカード化が解除された瞬間に「大天使の息吹」のカードに変わる。

     スペルカードは使用頻度が高く、集めようと思ってもなかなか全ては集まらない。ゲーム開始から10年以上経って、組織的に呪文を独占していたハメ組が始めて「大天使」を入手した。その後、4人組のツェズゲラ組も呪文を全種集めることに成功している。

    各種施設

    スペルカードショップ スペルカードを購入できる施設。購入したカードは、店の中で袋を開けてバインダーに入れないと消滅してしまう。

    品目説明 値段備考
    スペルカード 一袋3枚入りで、呪文はランダムに選ばれる。 10,000J  

    トレードショップ 街の場所以外にもアイテムや呪文の情報も購入できる。

    品目 説明 値段 備考
    国外へ出る方法 港の場所とその所長についての注意点 3,000J  

    デパート

     品物がカードで展示されているデパート。ビスケはここでシャベル、トロッコ、懐中電灯、ロープなどを購入した。

    マサドラ西の森林地帯

     マサドラの西に存在する森林地帯。現実へ帰るためにはこのエリアを突破しなければならないが、岩石地帯よりも遙かに凶悪なモンスターが出現する。並のプレイヤーでは突破するのはまず不可能だろう。


    モンスター  群狼の長

     現実へ帰還できる唯一の場所。強力なモンスターが出現する森林地帯を越えなければならないので、辿り着くのも困難だが、チケットの入手も方法を事前に調べておかないと難しい。クリアしたプレイヤーが最後に訪れる場所でもある。


    イベント  チケット入手、現実帰還、クリア報酬
    入手アイテム  通行チケット
    各種施設  港
    キャラクター  港の所長、ナビゲーター(エレナ)

    イベント

    [チケット入手]

     現実へ帰還する為に必要な通行チケットは、港の所長から手に入れることになる。所長はとにかく嫌な奴で、現実に帰還しようとするプレイヤーに無理難題をふっかけてくる。しかもその無理難題を聞いても通行チケットをくれることはない。チケットをもらうためには裏金を渡すか、所長を倒すかのどちらか。裏金の金額は所長の気分次第。

    [現実帰還]

     通行チケットを持っていれば、現実世界に帰還することができる。港の中はゲームを開始した時と同じ無機質な空間で、シソの木にいる少女と瓜二つのナビゲーターが待ち受けている。ここで世界各地にある50以上の港の中から、好きな場所を選んで移動することができる。キルアがゲーム内からバッテラの古城まで4時間で往復したことから、自分が使っているゲーム機にも戻れると思われる。ゲームからは指輪のみ持ち帰れるが、現実世界ではもちろん「ブック」などは使えない。

     現実に帰還するとフリーポケット内のカードデータは消滅し、指定ポケットカードのデータも10日以内に戻らないと消滅する。メモリーカードでセーブしていない場合は指輪自体を持ち帰れず、無条件に全てのカードを失うと思われる。ゲームを再開するには、指輪をはめた状態で自分がプレイしていたゲーム機に「練」をすればよい。

    [クリア報酬]

     指定カードを100種集めてエンディングも終えたプレイヤーは、持ち帰る3枚の指定ポケットカードをナビゲーターのエレナに渡すことになる。この際指輪のデータが書き換えられ、現実世界へ帰った後に「ブック」を唱えると、ドゥーンにもらった特殊バインダーが出てくるようになる。このバインダーには選んだ3枚のカードが入っており、「ゲイン」でアイテムに戻すことができる。

    ブンゼン

     アベンガネがゴンとビスケに、ボマーのことを説明した後に向かった都市。アベンガネはこの都市周辺の森で「カウントダウン」の除念を行った。

    大木のある森

     中央の草原に巨大な木のある森。ここでは「キングホワイトオオクワガタ」を入手できるが、かなりの腕力を必要とする。


    イベント  大木ぶっ叩き
    入手アイテム  (指)キングホワイトオオクワガタ
    キャラクター  森の番人

    イベント

    [大木ぶっ叩き]

     この大木にだけ棲むという「キングホワイトオオクワガタ」。このクワガタが唯一姿をあらわす夕方に木をぶったたくと、震動でまれに「キングホワイトオオクワガタ」が落ちてくることがある。森の番人にハンマーを貸してもらえるが、使わずに素手で叩いても構わない。衝撃が強ければ強いほどクワガタが落ちてくる可能性は高く、ゴンの場合は加減したにも関わらず一撃で三匹も入手した。

    屋敷

     金粉少女が監禁されている屋敷。幾重にも張り巡らされた罠がプレイヤーを襲う。


    イベント  少女救出
    入手アイテム  (指)金粉少女
    キャラクター  門番

    イベント

    [少女救出]

     屋敷内に侵入し、監禁されている「金粉少女」を救出する。少女は地下4階の隠し部屋に監禁されているが、それまでには多数の罠が仕掛けられている。少女を救出しても、屋敷の外に出るか、若しくは門番を倒さないとイベントは終了しない(=金粉少女がカード化しない)ようだ。門番のランクはFと低い。このイベントで難しいのは屋敷の攻略のようだが、キルアにとってはアトラクションかと思うほど簡単なものだったらしい。

    ギャンブル都市 ドリアス

     シソの木より南にある、ギャンブルで成り立っている都市。ここの指定ポケットカードを全て手に入れるためには、低い確率のギャンブルにも挑戦しなければならないので、幸運を呼ぶ「リスキーダイス」の入手は必須。


    イベント  スロット、ポーカー勝負
    入手アイテム  (指)リスキーダイス、大ギャンブラーの卵、魔女の媚薬、レインボーダイヤ、記憶の兜
    各種施設 カジノ
    キャラクター カジノ王

    イベント

    [スロット]:カジノ

     確率1万分の1のスロットで「777」を出せば「レインボーダイヤ」をゲットできる。スロットは1回50Jだが、確率が低すぎるため金銭的、時間的なリスクが高い。「リスキーダイス」で大吉を出していれば一発で「777」が出る。

    [ポーカー勝負]:カジノ

     カジノ王とポーカー勝負をして勝つと「大ギャンブラーの卵」を入手できる。これも「リスキーダイス」を使えば楽に勝てる。

    ソウフラビ

     SSランクの指定カード「一坪の海岸線」があるとされるが、普通に訪れても一切手がかりが得られない謎に包まれた都市。イベントを発生させるには特殊な条件を満たす必要があり、その入手イベントもクリアまでの道のりが長く、GIの中でも最高難度といえるものである。


    イベント  一坪の海岸線入手イベント発生、前哨戦、対決
    入手アイテム  (指)一坪の海岸線
    各種施設  海賊に占領された酒場、灯台
    キャラクター  ソウフラビの女性、ボポボ、海賊、レイザー

    イベント

    [一坪の海岸線入手イベント発生]:ソウフラビ

     普段は全く「一坪の海岸線」についての情報が得られないソウフラビだが、「同行」を使いプレイヤー15人以上でソウフラビに訪れると、今まで情報を出さなかったキャラクター達が一斉に「一坪の海岸線」という言葉に反応するようになる。ほとんどは有益な情報ではないが、街の片隅にいる女性に話しかけると、ソウフラビが海賊に仕切られている街であることがわかり、「海賊を追い払ってくれれば一坪の海岸線の場所を教える」という交換条件を出してくる。頼みを引き受けると海賊の居場所を教えてもらえる。海賊を追い払った後で再び会いに行くと灯台に案内され、イベントが発生してその女性もろとも「一坪の海岸線」のカードになる。

    [前哨戦]:酒場

     女性に教えられた場所に行くと、海賊が占領している酒場にたどり着く。そこで海賊に街から出て行くように頼むと、海賊の一人と戦うことになる。勝てば船長であるレイザーの場所に行けるようになる。なお、海賊はゲームのキャラクターではなく、現実の人間である。

     ボポボと戦う場合は炎で作られた俵(土俵)で相撲をすることになる。その場合のルールは以下の通り。

    一、炎の俵を越えて内に入ったら勝負開始。
    二、一度に何人参加しようと構わない
    三、ボポボの体を俵の外に出せば勝ち
    四、プレイヤーが俵の外に出てしまうと負け

    [対決]:灯台

     酒場での勝負に勝つと、海賊のアジトである灯台に案内される。ここではレイザー達海賊とスポーツ勝負をして勝たなければならない。

    一、海賊と互いに15人ずつ代表を出して戦う。
    二、一人一勝で、先に八勝した方が勝ち。一人につき一回しか戦えない。
    三、勝負形式はスポーツ。海賊がそれぞれ得意なスポーツで勝負を挑んでくる。
    四、海賊側が勝負形式とメンバーを先に出し、挑戦するプレイヤーは自由に選択できる。
    五、プレイヤー側が勝てば海賊は島から出ていき、海賊側が勝てばプレイヤーは要塞から出ていく。
    六、一度負けたメンバーの組み合わせでは二度と挑戦できない。一人だけ入れ換えれば挑戦できる。
    七、念能力は使用しても構わない。
    八、念獣もメンバーの数に含める。
    九、15人のメンバーは、まだ試合に参加していないメンバーに限り途中で変更できる。(例えば参加予定だったメンバーが逃げ出しても、念獣などで補充できる)

     スポーツには複数の人数で行うものもあり、その場合は勝った方が参加人数分の勝利数を得られることになっている。スポーツはボクシング、サッカー(リフティング)、相撲、ボウリング、バスケット、ビーチバレー(二人参加)、レスリング、卓球、ドッジボール(8人参加)の9種類が確認されている。

     プレイヤー側がどれだけ勝利しても、最終的にはレイザーが8人参加のドッジボールで勝負を挑んでくる。この時レイザーは手下の海賊とではなく、自分で創り出した念獣とでチームを作る。

     各スポーツのルールは以下の通り。

    【ボクシング】 敵:? 範囲:リング 制限:拳にグローブ

    1.拳を使って相手を倒せば勝ち。
    2.1ラウンド3分間判定なし。どちらかがKO負けとなるまで何ラウンドでも続ける。
    3.プレイヤー側は念で創ったもので攻撃してもOK。

    【サッカー(リフティング)】 敵:? 範囲:部屋の中 制限:足(空中)にサッカーボール

    1.相手よりも長い時間リフティングをした方の勝ち。
    2.手で球を触る以外は、念アリで相手に攻撃してもよい。
    3.球が床に落ちるか、味方に当たると負け。

    【相撲】 敵:ボポボ 範囲:土俵 制限:特になし

    1.土俵の外のどこかに体の一部が触れた時点で負け。
    2.念でない武器も使用してよい。
    3.土俵の外に出る以外の負けはなく、倒れても負けにはならない。
    4.靴を脱ぐ。

    【ドッジボール】 敵:レイザー 範囲:コート 制限:特になし

    1.参加人数は8人。具現化した念獣も参加させてよいが、それも人数に含める。人数以内なら分裂、合体しても良い。
    2.ゲームは外野1名、内野7名でスタート。
    3.相手チームの投げたボールに当たり、ボールをそのまま床に落としたらアウトとする。衣服も体の一部とみなす。
    4.内野に選手がいなくなった時点で負け。
    5.スタート時に出た選手も含め、外野から一名だけ「バック」と宣言することで内野に復活できる。
    6.選手がいない外野にボールが転がると、相手側の内野ボールとなる。
    7.外野がボールを当ててもアウトはとれるが、復活は「バック」のみ。
    8.スローインと同時に試合開始。
    9.顔面への攻撃も有効。また外野にいる敵へのパス(攻撃)もOK。
    10.内野選手が自発的に外野に移動した場合、アウトの扱いとなる。(ゴレイヌの念獣が敵内野に、No.2が敵外野に一時出ても問題なかったようだが)
    11.エリア外に触れた状態での捕球は反則無効。アウトとなる。
    12.プレイ続行不可能となるケガをした選手は退場となり、外野としても内野としてもカウントされない。プレイできる状態になれば復帰可能。
    13.プレイヤー側にゴンがいた場合、レイザーは手加減しない。

     当たり判定はクッション制といい、ボールが跳ね返る等して二人の選手に連続して当たった場合、二人目の選手がとるかとらないか、敵か味方かによってアウトの判定が変わってくる。同じチームの二人がボールに当たり、そのボールが床に落ちた場合は両方アウト。しかし二人目がボールを受け取った場合は両者セーフとなる。味方に当たったボールが跳ね返り、そのボールが敵が当たって床に落ちた場合は敵のみがアウトとなる。このボールを敵が受け取った場合は味方がアウトとなる。

    恋愛都市 アイアイ

     様々な出会いが楽しめる都市。どこかで見たことのあるようなベタベタな出会いがてんこもり。GIプレイヤーの大半がいい年こいたオッサンである。そのオッサンが攻略のために少女と恋愛している姿を想像すると不気味なものがある。


    イベント  メガネメガネ、曲がり角ほか
    入手アイテム  不明
    キャラクター  メガネッ子、遅刻少女、大声出すわよ、美容師、ダンダ団

    イベント

    [メガネメガネ]

     メガネッ子が自分の近くで突然転び、メガネを落として困っている。拾ってあげると知り合いになれる。

    [曲がり角]

     曲がり角で少女とぶつかると「ちょっとドコ見て歩いてんのよ!」と言われるので、「そっちこそ気をつけろ」とか「お前の方からぶつかって来たんだろ」などと言い返して、口げんかすると知り合いになれる。

    [その他]

     他にも、ダンダ団という不良グループに絡まれている少女や、女性プレイヤー用にカットモデルを探している青年などが確認できる。城のお姫様と付き合うとレアカードがもらえるという情報も。

    リーメイロ

     島の支配者が住む城がある城下町。普段は立ち入ることの許されないグリードアイランド城は、最後のクイズ大会に優勝した者のみが入ることができる。


    イベント  支配者の祝福、特殊バインダー、エンディング
    入手アイテム  (指)支配者の祝福
    各種施設 グリードアイランド城
    キャラクター リスト、ドゥーン

    イベント

    [支配者の祝福]:グリードアイランド城

     「支配者からの招待」を持っているプレイヤーはグリードアイランド城に入ることができる。城に入るとゲームマスターの一人「リスト」に、同じくゲームマスターの一人である「ドゥーン」のいる部屋へと案内される。ここで「支配者の祝福」が贈呈される。クイズ優勝者が99種集めたプレイヤーでなかった場合、ここでイベントは一旦終了すると思われる。

    [特殊バインダー]:グリードアイランド城

     プレイヤーが100種の指定カードを揃えると、ドゥーンから指定ポケットカードを3枚入れることができる特殊なバインダーをもらえる。このバインダーは現実世界へ持ち帰ることができ、中に入れたカードも現実世界で使うことができる。ただし同じカードを複数入れることはできない。あくまでも自分のバインダーの指定ポケットに入っている、100枚の中から選ばなければならない。指定ポケットカードに偽装したフリーポケットカードも持ち帰れる。ゴンは「一坪の海岸線」に偽装させた「同行」と、その呪いを解く「聖騎士の首飾り」を選択した。クリア者がゴンの場合のみ、ジンやゲームマスター達のことを教えてもらえる。

    [エンディング]

     特殊バインダーを入手した後、クリアを祝してパレードとパーティーが盛大に行われる。これが終われば、あとは港に行き、持ち帰るカードを3枚選択してゲームは終了となる。

    その他

    イベント  外部からの侵入、クイズ大会

    イベント

    [外部からの侵入]

     GIは現実世界にある。ゲーム機を経ずに現実世界から侵入した場合、ゲームマスターが現れ、ゲームマスターだけが使える特別呪文の「排除」により、アイジエン大陸のどこかに飛ばされる。この呪文に抗う術はないと思われる。

    [クイズ大会]

     プレイヤーが99種の指定ポケットカードを揃えると、全プレイヤーが参加できるクイズ大会が開催される。問題は全100問で、指定ポケットカードに関する五択問題が出題される。正解率が最も高かったプレイヤーに「支配者の祝福」が贈呈される。自力で獲得しなかったカードが多ければ多いほど不利になる。

     ツェズゲラ組のカードを託されたゴンは自力獲得が70枚ほどだったにも関わらず、何故か87点という高得点で優勝。優勝するとどこからともなく飛んできた鳥から「支配者からの招待」をもらえる。このアイテムを持っていればリーメイロの城に入れるようになり、中で「支配者の祝福」を受け取ることができる。


    トップページに戻る

    inserted by FC2 system