トップページ - 解説 - 技リスト - 幽遊白書 - 武獣装甲其ノ一魔猿の装

武獣装甲其ノ一魔猿の装(ぶじゅうそうこうそのいちまえんのそう)

能力者:黒桃太郎

 黒桃太郎は体に受けたダメージから敵の攻撃力を完璧に記憶するという能力を持つ。怨爺に与えられた「奇美団子」を食べることにより、その記憶した敵の攻撃力以上の力を得ることができる。魔猿の装は一つ目の奇美団子を食べて変身した姿である。暗黒武術会で黒桃太郎は飛影の剣で自ら指を切り落とし、飛影の剣を一切通さない強靱な肉体となった。

念タイプ

タイプ強化系
[補助]
発動場所自身の肉体
射程距離対象 自分自身
効果範囲初登場 No.079

発動条件、解除条件

発動条件 傷を負った後、奇美団子を握りつぶし、発生した煙を吸い込む
持続時間不明
解除条件不明…だが、これまでも何度か使ったような台詞があるのでいずれは解除されるのだろう。
制約、リスク

各タイプの使用状況

[攻撃][補助]肉体を記憶した攻撃力に耐えられるように強化
[操作][探索]
[制約][特殊]

各系統の使用状況

[強化]肉体を、記憶した攻撃力に耐えられるように強化[放出]
[操作][具現]
[変化][特質]

実績

・飛影との戦いで使用。飛影の剣が通じない防御力になり、邪王炎殺拳にも耐えきった。


幽遊白書-技リストに戻る
トップページに戻る

inserted by FC2 system