トップページ - 解説 - No.160
(最終更新:2002年11月13日)-訂正前のものも掲載することにしました

No.160 対決(3)

 【概略】ツェズゲラ組4人を誘い、カードを入手する為に勝つべき9人のプレイヤーがついに揃う。それぞれ得意な、勝てそうなスポーツを選んだ9人は一週間の特訓を重ね、再び海賊達のアジトに向かった。あとの6人は単なる数合わせ。まずはツェズゲラ組の3人が3勝をあげる。勝利を喜ぶゴン達をよそに、ボポボはレイザーの指示に背き、ゲームに雇われたこと、そしてゲームが現実世界にあるかのような事を漏らしてしまう。レイザーは即座にボポボを殺害し、「次はオレがやろう」とただならぬ形相でプレイヤーに言い放った。

 プレイヤーが三勝、ボポボの不戦敗をあわせると残り四勝で勝利。レイザーが選ぶであろう(憶測)ビーチバレーは二人参加となるのでそれに勝つと六勝になる?

参考:ビーチバレーのルール
http://www.beachvolley.co.jp/beachvolley/bvrules.htm
(ビーチバレー研究会)-リンクには許可が必要だそうですが、無断でリンクさせて頂いてます。

対戦表

ビーチバレーが二人だという指摘を頂いたので訂正しましたが、競技以外は訂正前の方が後の展開に近かったりしたので訂正前のものも掲載しておきます。

 まずプレイヤー側が3人勝利。仮にバレーが6人制なら、3勝+6勝で9勝(ボポボの不戦敗を入れると10勝?)でプレイヤー側の勝利。人数合わせとレイザーをぶつけてわざと6敗し、残りの勝負に賭けることもできるが、レイザーにビビッてる6人のプレイヤーは確実に拒否することだろう請け合いです。

(※全部妄想です)

対戦表


トップページに戻る

inserted by FC2 system