トップページ - 解説 - あらすじ - 23巻

[01巻][02巻] [03巻][04巻] [05巻][06巻] [07巻][08巻] [09巻][10巻]
[11巻][12巻] [13巻][14巻] [15巻][16巻] [17巻][18巻] [19巻][20巻]
[21巻][22巻] [23巻][24巻] [25巻][26巻] [27巻][28巻] [29巻][30巻]
[31巻][32巻] [33巻] [34巻]

23巻:6−(1)

【発売日】2006年3月3日 (前の巻から8ヶ月)
表紙:王と護衛軍(白黒) おまけ:なし
著者近影の絵はコレのことらしいです。ケンドーコバヤシ(男性芸人)の股間が嫌いな方は見ないで下さい。)
コミックスでの変更点

No.サブタイトルページ掲載号備考
2368−(2)152005.17 
2378−(3)152005.19 
2388−(4)152005.20 
2398−(5)152005.21-22 
2408−(6)152005.24 
2418−(7)152005.25 
2427−(1)152005.26 
2437−(2)152005.28 
2446−(1)152005.29 
2456−(2)152005.30 
2466−(3)152005.32 
2476−(4)152005.33 

No.236 8−(2)

 キルアはレオル陸軍の大半を一瞬で蹴散らしたあと、兵隊長を仕留めようと背後から攻撃を仕掛けるが、高熱の屁を浴びせられ取り逃がす。兵隊長が完璧なタイミングで反撃できたのはキルアを監視しているフラッタの指示があったからだった。自分の行動は筒抜け。手の内は見せられない。素手での殲滅を考えるキルアだったが、今度は遠隔からの銃撃に襲われる。

No.237 8−(3)

 狙撃手はフラッタから位置を教えてもらい、キルアを正確に狙撃した。狙撃手の使うノミの銃弾は血の凝固作用を妨げる働きがあった。キルアの傷口からは絶えず血が流れ続ける。キルアは直立不動で銃弾をわざと受け、狙撃手の位置を確かめた。そして高速で狙撃手を追いかけるが、狙撃手にとっては想定の範囲内だった。狙撃手は深い地底湖へとキルアを誘う。

No.238 8−(4)

 湖の中には仲間さえ食おうとする見境のない魚のキメラアントが蠢いている。イカルゴが寄生していた狙撃手の体は一瞬で食い尽くされた。キルアはイカルゴの足の吸盤を利用して落ちるのを免れる。キルアはイカルゴを捕まえ、フラッタの能力を教えれば命は助けるとの取引を持ちかけたが、仲間は売れないとイカルゴは自ら地底湖に飛び込んだ。キルアはそれを助け地底湖の上に放り投げた。次にキルアを狙うのはオロソ兄妹。

No.239 8−(5)

 オロソ兄妹の能力はキルアの体と念で創ったダーツゲームをリンクさせるというものだった。オロソの投げたダーツが的に刺さるとキルアは念で作られたダツ(念魚)の攻撃を受ける。ダツはキルアの体に刺さる瞬間までは存在していないため、キルアの反射神経をもってしても回避は不可能だった。見えないところから能力を使用され、為す術もなくキルアは攻撃を受け続けた。

No.240 8−(6)

 オロソは最後の一投まで狙い通りの位置にダーツを当てた。死体を確認するため、オロソ兄妹はキルアの元に向かった。額にダツが刺さり倒れているキルアを見て喜ぶ2人であったが、突然キルアが起きあがり2人の首を切断した。キルアは最後に投げてくる位置を予測し、予め掴む構えをとってダツが実体化した瞬間に掴んでいたのだ。刺さっているように見えたダツは吸盤で貼り付けられているだけだった。

No.241 8−(7)

 キルアは選別を止めるため立ち上がろうとするが、意志とは裏腹に体が動かず倒れてしまう。視界がぼやけ、寒気に襲われたキルアは死を覚悟したが、イカルゴが救いの手を差し伸べた。イカルゴはキルアを担ぎ医者の元に向かった。一方、尾行を振り切ろうと砂漠に入るゴンに、監視者自身が危険だと制止した。監視者はカメレオンの師団長メレオロンだった。

No.242 7−(1)

 騙す気も倒す気もないと言うメレオロンの言葉を信じ、話を聞くことにしたゴン。メレオロンは信頼を深めるため、発動中は誰も自分の存在に気づけないという能力「パーフェクトプラン」をゴンに披露。その上で自分の目的が王であること、王には恩人であるペギーを殺された恨みがあると打ち明けた。その人間臭さに惹かれたゴンはメレオロンと握手を交わし、自分の名前を教えるのだった。

No.243 7−(2)

 ゴンとメレオロンが握手した瞬間、メレオロンの第3の能力「神の共犯者」が発動した。メレオロンが触れた者にも「パーフェクトプラン」の効果が及ぶというもので、この能力を使えば敵に気付かれることなく「ジャンケン」で攻撃できる。しかしゴンは自分より適任者がいると言い、ナックルに連絡。ゴンからの連絡を待っていたナックルは作戦が大幅に変更になったことを伝え、一旦合流することに。

No.244 6−(1)

 チェス、将棋、囲碁と東ゴルトーでプロ化している盤上競技の国内チャンピオンを打ち負かしてきた王は、余戯の締め括りとして東ゴルトー発祥の競技「軍儀」のチャンピオンを呼び寄せた。世界大会五連覇中のそのチャンピオンは盲目の少女であった。合流したゴンとナックル、シュート。隠れて様子を見るメレオロンが2人に抱いた第一印象は悪かった。首都で行動を開始したモラウの元に、進化したヂートゥが現れる。

No.245 6−(2)

 モラウはヂートゥの能力により、ヂートゥと共に念で創られた草原の世界に飛ばされる。現実世界から隔絶されたこの空間から出るには、8時間以内にヂートゥに触れなければならない。モラウは精神的優位に立つため、眠る素振りを見せてヂートゥを苛つかせた。首都ではレオルがノヴを発見。報告を受けたネフェルピトーは新たに2人の師団長を投入し、絶対に敵を仕留めるよう指示した。

No.246 6−(3)

 ノヴは自身の創り出した念空間「ハイドアンドシーク」を通ってワープをしながら宮殿に向かっていた。その途中にフラッタを発見。街中を飛んでいるトンボがこのキメラアントの念に関係しているものだと推測し、倒すことを決意。寝転がったモラウに近づいて執拗に挑発を続けるヂートゥ。モラウはヂートゥが諦めて自分から離れた時が、自分の勝利の瞬間だと確信していた。

No.247 6−(4)

 少女と軍儀を続ける王は新たな戦法で少女を追いつめたつもりだったが、その戦法は10年も前に少女が生み出していた戦法だった。その話を聞いた王は興を殺がれたとして対局を一旦中断した。モラウへの挑発に飽きて本を読むヂートゥ。モラウはその隙に煙のロープでヂートゥの足を縛っていた。何をしてもロープからは逃れられない。土壇場に追い詰められたヂートゥは新たな能力を生み出した。

コミックスの主な変更点

 顔が完全に書き直されているもの、セリフの変更、擬音の変更などを取り上げています。丁寧になっていたり、少し顔が変わっている程度の修正、背景、サブタイトルの位置などは多すぎるので除外。

対応表

No.236

  • (01)ページ全体に擬音「ゴゴゴ」が書き足されている。最後のコマ「ザザザ」「ベキバキ」削除。
  • (02)「ベギッ」「ズゴゴゴゴ」追加。ミイデラゴミムシのデザイン変更。最後のコマ、ゴミムシが線からはみ出ている。(雑誌掲載時ははみ出ていない)。書き文字だった「!!」が活字に
  • (04)猿軍団が服を着ている。2コマ目「ビクン」削除。
  • (05)「ジャッ」→「ヒュッ」最後のコマの「パシッ」削除。
  • (07)2コマ目「グラ‥」追加。
  • (08)1コマ目「シッ」削除。最後のコマ「ドオン」→「ドオッ」
  • (11)3コマ目背景にミイデラゴミムシ(キメラアントでない)が書き足され、説明文のレイアウト変更。
  • (12)5コマ目「ザッ」追加。
  • (14)4コマ目「チュイッ」→「ヂュイッ」
  • (15)1コマ目「痛ッ」→「痛ッッ」 「ザザ」追加

    No.237

  • (01)2コマ目「ヂキヂキ」→「ヂュキヂュキ」最後のコマ銃のデザイン変更。
  • (02)3コマ目「スゥゥ…」→「スゥゥゥ……」あまりにどうでもいいので、今後擬音のわずかな変更は無視。
  • (04)5コマ目「ビッ」追加。6コマ目「ブブブブ」削除。
  • (05)2コマ目フラッタの「何かやる気だぞ」のフキダシが通常のフキダシに。雑誌掲載時は信号による会話時に使うフキダシだった。
  • (06)サテライトンボのデザイン変更。
  • (15)最後のコマ「ゴポ‥」「ゴポ‥」削除。

    No.238

  • (02)雑誌掲載時は実際のタコに近かったイカルゴの顔が可愛らしく書き直されている。(これ以後も)
  • (05)3コマ目「キュッ」「キュッ」削除
  • (08)最初のコマ、「10秒以内に〜」のフキダシの位置が下の方に。
  • (09)5コマ目、雑誌掲載時はキルアの髪の毛が見えていなかった。

    No.239

  • (05)3コマ目キルアのセリフ(?)「……」削除。
  • (07)4コマ目「ドス!!」→「ドッ!!」

    No.240

  • キルアの体にちゃんとダーツの的が描かれている。雑誌掲載時は色が塗られていなかった。
  • (03)5,6コマ目、ダツに刺される箇所が右足から左足に変わっている。
  • (10)3コマ目「ムャンマ様」が「フラッタ様」に。ハギャやジェイルが改名しているのだからフラッタもだろう、と思ったら違ってました。
  • (12)1コマ目「ドサッ」削除
  • (13)最後のコマ、オロソ兄の「?」が2つから3つに、活字に。
  • (15)最初のコマ、キルアの眉毛が消えている。5コマ目、13ページ3コマ目のコピーだったが削除されている。「6才で極めた」→「6歳で極めた」。「6才〜極めた」「カウ〜1440P」は2つのコマだったが1つのコマになっている。最後のコマ「7才だったかな」→「7歳だったかな」

    No.241

  • (01)5コマ目、背景にネフェルピトーに操られた無数の兵隊の姿が書き足されている。
  • (02)最後のコマ、雑誌掲載時はキルアの口は見えていなかった。
  • これまであれほど「事」→「こと」の変更に拘ってきていたが、23巻ではその辺の修正は全くなし。何だったのだろう。

    No.242

  • (01)4コマ目、メレオロンとゴンが書き足されている。
  • (02)5コマ目、メレオロンとゴンが書き足されている。
  • (03)3コマ目、メレオロンが書き足されている。
  • (04)7コマ目、「みてな?」→「見てな?」
  • (08)最後のコマ、ゴンの右に「あっけら」という文字が追加されている。
  • (10)1コマ目、メレオロンとゴンが書き足されている。
  • (11)3コマ目、掲載時は真っ白だったが6コマ目のコピーが追加されている。最後のコマ「たのんでないよっ」→「頼んでないよっ」
  • (12)2コマ目、ペギーが書き足されている。5コマ目、ゴンの表情が微妙に変わっている。7コマ目、星空が追加されている。
  • (13)3コマ目、メレオロンが書き足されている。

    No.243

  • (01)「第三の能力」→「第3の能力」2コマ目、メレオロンとゴンが書き足されている。
  • (02)7コマ目「これが第三の能力」→「これが第3の能力」最後のコマ、メレオロンの手が書き足されている。
  • (03)4コマ目、メレオロンの顔が書き足されている。最後のコマ、本を読む王が書き足されている。
  • (04)1コマ目、「"ジャンケングー!!"ってやつ」→「"ジャンケングー!!"ってやつ?」3コマ目「オレの方なんだろうけどよ」→「オレの方なんだろうけどよ?」5コマ目「ん」→「ん?」
  • (05)3コマ目「見てはなしして」→「見てはなしして」6コマ目、メレオロンの体が書き足されている。
  • (06)1コマ目、メレオロンとゴンが書き足されている。5コマ目「置いてるヤツでもな」→「置いてるヤツでもな?」
  • (07)最後のコマ、首都のモラウと機兵隊が書き足されている。ナックルの「首都を包囲するそうだ」→「首都を包囲したそうだ」
  • (08)1コマ目、メレオロンとゴンが書き足されている。
  • (10)1コマ目、星空だったのがキルア、ゴン、ナックル、シュートの4人に変更されている。6コマ目、星空だったのが電話をかけるゴンに変更されている。
  • (11)3コマ目、王と将棋棋士が書き足されている。
  • (14)5コマ目「ドサ」追加。

    No.244

  • (02)2,4コマ目、雑誌掲載時は王の尻尾がなかった。
  • (03)3コマ目追加。
  • (04)2コマ目、シャウアプフ追加。7コマ目背景が室内から宮殿の外観に変更されている。
  • (05)1コマ目、王の表情が変わっている。「ピクピク」削除
  • (06)4コマ目、「明らかに 空気が変った…」という文字が追加されている。最後のコマ、「パチ」削除。
  • (08)2コマ目、「クー‥ン」削除。5コマ目ナックルの頭しか見えていなかったが、表情まで見えるように。「くわっ」追加。
  • (09)2コマ目、ゆみユミ
  • (10)1コマ目「ジャラ」削除。
  • (12)2コマ目、機兵隊がいなくなっている。
  • (13)最後のコマ、「かといって〜離れない」のフキダシが削除されている。
  • (15)最後のコマ、真っ暗だったのがレオルの顔に変わっている。

    No.245

  • ヂートゥの顔が全体的に獣っぽくなっている。
  • (02)2コマ目、モラウの顔追加。3コマ目、モラウの手「グッ」追加。「だが…」にフキダシ。
  • (04)ヂートゥと砂時計、モラウがオーラに包まれている。下のでかいモラウが書き直されている。
  • (06)砂時計の「サラサラ」削除
  • (08)4コマ目「ザッザッ」追加
  • (12)3コマ目、レオルの角度が変わっている。6コマ目、レオルの背中→レオルの足。

    No.246

  • (04)1コマ目「ヒュッヒュッ」削除。4コマ目「ダダッ」追加。
  • (07)1コマ目「フッ」削除
  • (09)1コマ目「サッ」削除
  • (11)2コマ目、モラウの角度変更。5コマ目、モラウの角度変更。最後のコマもモラウの角度が違う。
  • (12)3コマ目「ザッ」削除。4コマ目「ぴょんぴょんぴょん」削除
  • (14)5コマ目「パチッパチッパチ‥」追加
  • (15)2コマ目「ピシ」削除。

    No.247

  • (01)2コマ目「パチッ」削除
  • (02)6コマ目、王がコマからはみ出ている。最後のコマ「其方の喘」→「其方の喘ぎ」
  • (03)1コマ目、アカズの手が逆に。「チャ…」削除。
  • (04)1コマ目「ジャラ!!」削除。王とアカズが書き足されている。5コマ目、アカズのみのコマだったが、アカズとシャウアプフに変わっている。
  • (05)3コマ目王とシャウアプフが、アカズとシャウアプフに変わっている。5コマ目「ボリボリ」削除。
  • (07)2コマ目、アカズの座ってる場所が逆に。6コマ目、「ペコペコ」削除。
  • (08)砂時計の「サラサラ」削除。3,4コマ目、静かに本を読むヂートゥが、笑いながら本を読むヂートゥに変更。それに伴い3コマ目に「ギャハハハ」追加。
  • (10)2コマ目「かなり気ィ使ったぜ?」→「かなり気ィ遣ったぜ?」5コマ目「ザッ…」追加。
  • (11)1コマ目「ザッザッ」追加。2コマ目「ダッ」追加。3コマ目「ダッ」→「ザッ」4コマ目「ザザザザ」→「ダダダダ」
  • (15)2コマ目「ズ‥」削除。

    トップページに戻る

    inserted by FC2 system