トップページ - 解説 - あらすじ - 32巻

[01巻][02巻] [03巻][04巻] [05巻][06巻] [07巻][08巻] [09巻][10巻]
[11巻][12巻] [13巻][14巻] [15巻][16巻] [17巻][18巻] [19巻][20巻]
[21巻][22巻] [23巻][24巻] [25巻][26巻] [27巻][28巻] [29巻][30巻]
[31巻][32巻] [33巻] [34巻]

32巻:完敗

【発売日】2012年12月28日(前の巻から24日)
【表紙】ジン 【おまけ】劇場版公開記念描き下ろし3コマ3作品
コミックスでの変更点

No.サブタイトルページ掲載号備考
331X日192012.07
332喝采192012.08
333鳴動192012.09
334完敗202012.10センターカラー
335決定192012.11
336解除192012.12
337懺悔192012.13
338樹上192012.14
339静寂192012.15
340特命192012.16

No.331 X日

 ジンが選挙終了を待たずに旅立つ事を知ったチードルは、ジンに最後まで見届けないのか尋ねた。ジンから返ってきた答えは意外なものだった。パリストンは「Xデー」まで投票率を操作し、勝負を付けないつもりだという。Xデーはハンター試験日。パリストンは秘密裏に回収した5000個の蟻の繭を使って何かを企んでいるというのだ。そこでチードルの打った対抗策は、選挙会場に集まったハンター達を会長決定まで軟禁するというものだった。

No.332 喝采

 候補者による演説が開始され、まず前回4位のミザイストムがチードルを推薦。続く3位のチードルがレオリオを推薦するという奇策に出たことで、常に余裕の笑みを絶やさなかったパリストンの表情がついに曇った。自分がチードルに推薦されたことに気づいている様子のないレオリオは、演説でゴンへの想いを訴えると、会場は大きな喝采に包まれた。チードルはその様子を見て、次期会長はレオリオと確信。一方、キルアは「ゴンを元に戻してくれ」とアルカに「お願い」した。

No.333 鳴動

 パリストンはミザイストムを推薦することで、レオリオに全て流れるはずだった浮動票をミザイストムにも流れるように誘導。これにより、次の選挙でレオリオが当選することはなくなった。一方アルカがゴンの手に触れたことで、凄まじい衝撃が発生。選挙会場のチードル達も何かが起こった事に気づいた。選挙はパリストンの狙い通り決着が付かなかったが、どちらにせよ次で決定する。2位に陥落したパリストンは、レオリオに「会長になったら何をするか」と改めて質問した。

No.334 完敗

 レオリオの答えは演説の時と変わらなかった。パリストンは質問の後、唐突に緊急動議を発令。ハンター試験制度撤廃の是非を問う投票を始めようとしたが、目的はただの時間稼ぎだった。騒然とする中、元の姿に戻ったゴンと仲間達が会場に駆けつけた。ゴンが治っては、レオリオが会長になる動機は消滅してしまう。チードルは選挙の敗北を悟った。一方ジンは、自分が旅立つ前にゴンが治って会場に来る、という危惧していたことが現実になり、焦っていた。

No.335 決定

 ついにジンと対面したゴンは、自分のせいでカイトが女の子になってしまったとジンに謝罪。涙ながらに語るゴンの説明は要領を得ないものでジンは困惑したが、それでも父親らしくゴンを励ました。対面が一段落つき、パリストンはレオリオと自分のどちらが会長としてふさわしいと思うかゴンに問うた。チードルの期待も虚しく、ゴンはパリストンと回答。これが決定打となり、選挙はパリストンの勝利で幕を閉じた。だがパリストンは就任直後に会長を辞任し、本部を後にした。

No.336 解除

 イルミはこれまで得た情報を整理した結果、アルカの能力はキルアの「命令」なら「おねだり」を必要としないという結論を導き出した。アルカの引き渡しを要求するイルミだったが、キルアに命令されたアルカによって屋敷まで飛ばされてしまう。キルアはアルカがイルミに支配される事を恐れ、力を持つ「ナニカ」に二度と出てくるなと命令した。しかしアルカに非難されると、考えを改めてナニカに謝罪。これからはアルカ、ナニカどちらも守っていくことを誓った。

No.337 懺悔

 コアラのキメラアントは、ある屋敷で赤毛の少女に懺悔していた。その少女は、かつてコアラが射殺した少女の生まれ変わりだった。だが少女の体に本人の魂は存在せず、カイトの魂が宿っていた。カイトはコアラの自殺を許さず、今後自分と共に行動することを命じた。その後カイトはゴンと対面。力が足りず一緒に戦えなかった、というゴンの謝罪をカイトは受け入れ、対面は終わった。ジンの下に戻ったゴンだったが、ジンは世界樹にいるというメモを残し既に去っていた。

No.338 樹上

 ゴンはキルア、アルカと共にジンの待つ世界樹にやって来ていた。世界樹は1800m近い高さを誇る、世界最大の樹木である。ゴンとキルアはそれぞれの家族との時を過ごすため、ここで一旦別れた。ゴンは頂上でジンと再会。ゴンはジンに、かつてミトに言ったという「欲しいもの」が何だったのか尋ねた。ジンの回答は「今目の前にないもの」だった。初めは王族の墓。そして今は「この世界」の外側に存在する「何か」。ジンの語る途方もない「真実」に、ゴンはただ驚くばかりだった。

No.339 静寂

 ジンと語り明かしたゴンは、ジンと別れた後、カイトやその仲間達と共にある鉱山跡地に向かった。スピーナとスティックの生まれ故郷であるこの山には、コクチハクチョウという固有種が生息している。何万ものこの鳥が朝日を背に飛び立つ風景。蟻の討伐任務が終わったらこの「宝物」を見せると、スピーナとかつて約束していたのである。ミト、ナックル達、キルア、レオリオ…その美しい風景はゴンの仲間達にも届けられた。

No.340 特命

 チードルの重大発表を聞くために集合していた十二支んの下に、ビーンズが驚くべきニュースを持ってきた。カキン帝国のホイコーロ国王が「暗黒大陸」への進出を宣言したのである。外側の大陸は、200年もの昔から近代五大陸「V5」により立入が禁止されている。さらに驚くべき事に、探検隊の総責任者はネテロの息子と称するビヨンドであった。チードルの重大発表はこの事と無関係ではなかった。チードルは「V5」より、「ビヨンドをハントせよ」という特命を受けていたのである。

コミックスの主な変更点

重大な変更はありません。

No.331

  • (07)「東ゴルドー」→「東ゴルトー」
  • (13)ここでは「こと」が「事」に修正されていない。
  • (15)「1つだけ」→「一つだけ」 以後、算用数字から漢数字への修正は除外。ルールとしては「ひとつ」「ふたつ」といった特殊な読み方をする数字が算用数字の場合、漢数字に修正されるようだ。

    No.332

  • (01)「四人」→「4人」 以後、漢数字から算用数字への修正は除外。基本的には一〜三以外は全て算用数字に直されるのだろう。
  • (03)「こと」→「事」 こちらでは漢字に直されている。基準が不明な上どうでもいいので、以後「こと」→「事」の修正は除外する。

    No.332

  • (01)「ゴン君」→「ゴンくん」

    No.334

  • (02)「あらためまして」→「改めまして」
  • (07)「できるのだ」→「出来るのだ」 以後、「できる」→「出来る」は除外。
  • (15)「ゴン君」→「ゴンくん」。ただし、同じページに「ゴン君」のままの箇所がある。以後、同じ修正は除外。

    No.336

  • (01)『「おねだり」が(改行)釣り合う』→『「おねだり」が釣り合う(改行なし)』 雑誌とコミックスの収録範囲の違いによる修正。雑誌掲載時のままだと文字が切れてしまう。

    No.337

  • 特に作画の荒い回だったが、全く修正されていない。

    トップページに戻る

    inserted by FC2 system